馬見塚公園について

トップ > 馬見塚公園について

桜とツツジ、憩いの公園 信州駒ヶ根高原にほど近い癒しの公園。
ファミリーやグループなど、気の置けない仲間と気軽に過ごせる馬見塚公園を満喫してください。

春には満開の桜とツツジで賑わう、憩いと癒しの公園です

国道153号を走ってくると「馬見塚」という信号機が見えます。そこを西に曲がった左手に見えますのが馬見塚公園です。4月中旬〜5月上旬にかけ、馬見塚の池の周りに桜とツツジが咲き、私たちを楽しませてくれます。その時期には地元商工会により提灯がともされ、夜は落ち着いた素敵な雰囲気の情景が広がります。
また、毎年5月3日には公園内にある蚕玉様(こだまさま)のお祭りがあり、大変な賑わいとなります。

馬見塚公園イラスト
このページのトップへ

馬見塚公園の歴史と、地名の由来

馬見塚公園過去写真

ここ馬見塚公園のある駒ヶ根市福岡の地は、大昔に馬の牧場があり、朝廷への献上馬を飼育していた広大な原野で、戦国時代にはこの辺りを「馬住ヶ原」とか「作左右衛門分」などと呼んでいたと言われています。江戸時代の末、安政二年(1855年)…

地元郷土史家に聞いた、馬見塚の歴史 もっと読む
このページのトップへ

自然と健康。マミヅカエコ体験!

その1 公園内では、マレットゴルフ

公園内ではマレットゴルフ

公園の池を囲むようにして、18ホールのマレットゴルフコースがあります。
パターとボールをお貸しいたしますのでお気軽にご相談ください。
※1セット200円です。当館ご利用の方は無料でお貸しします。

その2 ホタルプロジェクトが進行中

2008年7月より、地元福岡区の有志発案により「馬見塚公園にホタルを飛ばそう!」というプロジェクトを開始しました。
只今、市役所の許可を得て、池の隅に源氏ホタルの幼虫の餌となるカワニナの養殖を始めました。数年越しの試みとなりますが、馬見塚公園にホタル乱舞となる日を夢見て頑張っています。

2010年

4月3日旅館裏庭に、カワニナ&ホタルの養殖用水路を試験的に製作
4月中旬ゲンジボタルの幼虫30匹程を水路に放流
6月24日カワニナ&ホタルの養殖装置導入
6月末頃広間庭にゲンジボタル5匹程発生
7月初旬ホタル産卵 → 採取し養殖装置にて飼育

2011年

2月下旬〜公園の池の端に、放流場所を試験的に製作
3月22日〜ホタル放流
旅館裏養殖水路:50匹
公園試験水路:100匹
6月24日広間庭にゲンジボタル5匹程発生
7月11日産卵
8月11日広間庭〜公園放流場所辺で10匹程発生

2011年は放流数に対して、発生の確認ができたのは1割程度でした。
通常の発生時期の6月末に5匹程度で少々さびしく思っておりましたが、すっかり旬を過ぎた、本来は時期外れといえる8月初旬に多く発生するという、うれしい誤算が発生しました。
放流次期の問題か、それとも放流場所の水温の問題か、原因は分かりませんが、来年にうまくつながればと思います。

馬見塚公園周辺のおすすめエコスポット
このページのトップへ
玄関を出れば、すぐそこは公園。
写真募集中
ホタルプロジェクト
日帰り宴会プラン
趣味の養蜂

馬見塚旅館 Tel.0265-83-2324